今日はビタミンHについて書きたいと思います。

医療用医薬品は広告制限があるため、お薬の写真は載せておりません。

ビタミンHはビオチンとも言われ、美肌維持には必須のビタミンです。ビタミンCほど有名ではありませんがビタミンB群のひとつで、ビタミンB7とも呼ばれる事もあります。

肌や髪、爪を作り出すもとになるケラチンを作る時に必要になるコラーゲン生成にも必要なビタミンなので不足すると肌荒れや爪が割れやすくなったり、髪の毛が抜けやすくなったりしてしまいます。

爪が割れやすくなったり、髪の毛にハリがなくなったりと感じでらっしゃる方はビオチンを摂取することで改善されるかもしれませんね(^ ^)

太くつやのある髪、ハリのあるお肌、丈夫な爪を維持するため、私も毎日飲んでます♫

美は1日にして成らず。継続は美肌、美髪、美爪なり。です(o^^o)

体の中から美しくなりましょう♫

また、ビオチン配合のミカエラファーマティカラスターヘアセラムも黒く美しい髪の維持には効果的です♫

薬局レディーファーマシーでは一人一人のお悩みや症状に合わせてお薬やお化粧品、ヘアケア用品までご提案いたしております。

お肌の悩みや月経、更年期に伴う症状など、女性特有の悩みを私たち女性薬剤師にご相談くださいね(^ ^)

本日の記事はこれ。

デリケートゾーンのお手入れについてです。

最近薬局レディーファーマシーに外国人女性の患者様がいらっしゃいました。

「日本に一ヶ月ほど出張に来ているのですが、デリケートゾーンのソープっておいてますか?持ってくるの忘れて買いたいのですがどこの薬局に行っても見つけられなくて。。」

そうおっしゃられたので、ラクタシードを見せると、

そうこれこれ!と喜んで買って帰られました。

日本人女性はまだデリケートゾーンのお手入れが浸透しておらず、ボディーソープで洗っている人が多いと話すと口に手を押さえてすごく驚いておられました>_<

膣内環境について

膣内のpHは弱酸性に保たれています。

弱酸性に保たれていることで膣内は防御作用があり、雑菌の繁殖から膣内を守っています。

そこへ洗浄効果の強いアルカリ性のボディー用ソープを使用してしまうと膣内pHがアルカリに傾いてしまい、防御作用が失われてしまうことで雑菌が繁殖し、においやかゆみが発生しやすくなります。

また、においが気になりゴシゴシと洗ってしまうのは言語道断!

デリケートゾーンの皮膚はまぶたより薄いのです!

つまり、アルカリ性のボディーソープでデリケートゾーンをゴシゴシ。。

絶対ダメです>_<!!

デリケートゾーンのにおいやかゆみ、荒れが気になったり、おりもののにおいが気になって婦人科を受診されることが多い方は、今一度デリケートゾーンのお手入れを見直されてはいかがでしょう?

薬局レディーファーマシーではラクタシードもお取り扱いございますが、デリケートゾーンのクリームまで取扱いのあるラファム・シリーズも入荷いたしました(o^^o)

女性薬剤師に安心してご相談ください、お薬のご提案も致します(^ ^)


今日は、女性も悩んでらっしゃる方もおられると思います、痔のお薬についてご紹介したいと思います。

医療用医薬品には広告制限があるため、

写真や商品名は載せておりません。

乙字湯

痔によく使用される漢方薬です、便が硬くて排便時に痛みがある場合や、イボ痔などに使用されます。6種類の漢方薬によって肛門周辺の炎症を抑え、また排便も整えてくれます。漢方薬は体格や体質などによってそれぞれにあったものを選ぶことが重要です。その他きゅう帰膠艾湯や桂枝茯苓丸、紫雲膏という塗り薬の漢方も症状に合わせて使用されます。

大腸菌死滅浮遊液・ヒドロコルチゾン配合軟膏

大腸菌死滅浮遊液は、患部の免疫を高め治癒を早めてくれます。ヒドロコルチゾンも合わせることで炎症を鎮めて腫れも引いてくれるので痔に使われる外用薬では一番メジャーなお薬です。

また、少量のチューブタイプになっており、中の痔にも注入することで塗布することが可能です(o^^o)

お尻の悩みはなかなか相談できないですよね>_<

薬局に行ってもよく効くお薬が欲しいけど男性の薬剤師さんしかおられないことも多く、相談できずに帰ってきてしまったという経験がある患者様も多いのではないでしょうか??

薬局レディーファーマシーでは女性のデリケートなお悩みまで相談していただける薬局です(o^^o)女性薬剤師のみですのでなんでもご相談くださいね♪

最新記事
アーカイブ
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square